スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイス・フィーゴ日本のJリーグに移籍か?! 2009.05.22

ルイス・フィーゴ日本のJリーグに移籍か・・・・


そんな話がまことしやかにささやかれてる
figo7.jpg



 現地時間21日、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ(36)が欧州以外での現役続行を考えていることがわかった。ロイター通信が報じている。

 インテル(イタリア)の一員として、前週にリーグ4連覇を祝ったフィーゴだが、その後「ハイレベル」なサッカーから身を引きたいとの意思を発表。新天地については「今はまだ、欧州以外からのコンタクトを待っている。アメリカや日本などね」と中国『タイタンスポーツ』紙に語ったという。

 フィーゴはまた、同紙に対し「CSL(中国スーパーリーグ)からリクルートのオファーが来たら喜んで受け止める」とも話したとのことで、中国でのキャリア続行にも興味を示しているようだ。なお、同じ中国の天津には、かつてローマ(イタリア)でプレーした元イタリア代表MFダミアーノ・トンマージが所属している。


ルイスフィーゴは 変幻自在のドリブルはもちろん、攻撃に必要な能力を全て兼ね備える世界最高の右ウイング。左サイドや中央のポジション、ストライカーまでこなせる多様性も大きなファンタジスタ。
 

ポルトガルの強豪スポルティング・リスボンでキャリアをスタート。1991年にはポルトガルU-20代表としてFIFAワールドユース選手権優勝に貢献。ルイ・コスタ、パウロ・ソウザ、フェルナンド・コウト、ジョアン・ピント等と共にポルトガルの将来を担う「ゴールデン・ジェネレーション(黄金の世代)」と呼ばれた。

キャップ数は歴代最多出場記録となる127試合。そのドリブル技術の高さから90年代最高のウイングと評される。

家族はスウェーデン人元モデルのヘレン夫人との間に3女。フィーゴという登録名はポルトガル語でイチジクという意味。またフィーゴの名は父親のあだ名を貰ったものである。

ふぃーご


1995年にスペインのバルセロナへ移籍。その破壊力抜群の突破力とチャンスメイクで右サイドを支配、FWのクライファート、左サイドのリバウドと共に3トップを形成し、国内外の数々のタイトルを獲得する原動力となり、ドリーム・チーム以降のバルセロナのシンボルとして絶大な支持を得た。

2000年には欧州年間最優秀選手を受賞したフィーゴであったが、2000-01シーズンにバルセロナからライバルのレアル・マドリードへ電撃移籍。これに反発したバルセロナ・サポーターが、フィーゴ自身が経営するバルセロナ市内の日本料理店を破壊するという大変な騒動にまで発展した。そのためマドリードを去った現在も尚、ペセテーロ(守銭奴)と呼び彼を許さないバルセロニスタが多い。

また、バルセロナのホームスタジアム、カンプ・ノウに初めて乗り込んだ試合ではフィーゴがボールに触れれば即ブーイングが起き、フィーゴがコーナーキックを蹴ろうとすればスタンドからビンやゴミやペットボトル、さらには豚の顔の皮まで投げ入れられるなどして、約10分間試合が中断されるなど荒れに荒れた。結果は2-0でバルセロナが勝利し、試合後には宿敵レアル・マドリードと裏切り者のフィーゴを倒したという事もあり、ほとんどのバルセロナの選手がフィーゴに声をかけに行くシーンが印象的であった。またEURO2004、ポルトガルとギリシャの決勝戦でも、試合途中にFCバルセロナの旗を持ったバルサ・サポーターの男がピッチに走りこみ抗議を行い取り押さえられる場面もあり、うな垂れるフィーゴの映像も印象深く、未だに過去の確執を根にもたれている様子である。

このような騒動があったにもかかわらず、フィーゴにとってバルセロナ時代は思い出深いものらしく、「僕の経験上、(バルセロナでの)2年目(1996-97シーズン)は本当に素晴らしいシーズンだった」とインタビューで語っており、その後もバルセロナを去りたくなかったとの発言も残している。

伝統的なライバル間の移籍という大きなプレッシャーの中、レアル・マドリードの黄金期の中心選手となり、自身も2001年にはFIFA最優秀選手賞を受賞したまた、同クラブ在籍中にはリーガ通算100アシストという記録も成し遂げている。

2004-05シーズンは、レアル・マドリードで銀河系政策が進みポジション争いが激化したことやルシェンブルゴ監督との確執により出場機会が減少し、2005-06シーズンからはインテルへ移籍した。レアル・マドリード時代は限界説が囁かれたがその能力は未だ健在で、セリエAでもUEFAチャンピオンズリーグでも中盤の右サイドで活躍している。

2006年12月にサウジ・プレミアリーグの強豪アル・イテハドへのレンタル移籍が取り沙汰され、シーズン終了後の移籍が正式に発表されたが、クラブ側の契約内容不履行(具体的にどのようなことであったかは不明)を理由に移籍は立ち消え。プレー続行を希望するインテル側の要望に応え、2007-08シーズンもインテルで戦う事が決定した。しかし、起用法などから徐々にロベルト・マンチーニ監督との確執が表面化し、「来シーズンもマンチーニが残るなら移籍する」という旨の発言をした。その後、2008-09シーズンからは同胞のジョゼ・モウリーニョがインテルの監督に就任、「経験を活かし、若手の指南役になって欲しい」との意見を聞き、フィーゴはインテルに残ることとなった。

ふぃーご


バルセロナからレアルでプレーした数シーズンは、3人のゾーンマーカーを引き連れながらのプレーも度々あり、当時のフィーゴの存在感がうかがえる。
寿司が好物であることでも知られ、バルセロナに日本食店を出店した。また、来日するたびに寿司店を訪れている。ナイキのコマーシャルのメイキングでも「名選手になるには?」と問われて、いくつか回答した後「ああ、あと寿司を食べることかなぁ」と冗談めかして発言したことがある。
スペインで寿司屋を経営していたが、スペインリーグでプレーしていた城彰二にレアル・マドリードでの試合終了後、チョイチョイと手招きをし「俺がやっている寿司屋に来てくれよ。」とさそった逸話がある。城が来店して食べてみたがあんまり美味くなかった、と雑誌で吐露。
かつてスペインでショットバーを経営していた。名前の由来は自身の背番号。
語学にも堪能で、母国語(ポルトガル語)、英語、スペイン語、スウェーデン語、イタリア語などが扱える。
真面目そうだが、一度だけ浮気をしたことがある。
少年時代から学業の成績が良く、将来の夢は医者だと言っても誰も反発しなかったという。学力のあまりの良さに、スポルティング・リスポンに入団する際の同意書には「サッカーに専念すること」というような内容が書かれていたようである。
インタビューで度々述べているように近々引退後に暴露本を出版する予定(本人曰く「ホラ、悪評を流す批評家、デタラメ、デマを流すマスコミ、いまに見てるがいい、いずれ名指しで暴露してやるさ……。」)。
2005年-2006年シーズンのみロベルト・カルロスと共にモータースポーツであるA1グランプリのポルトガルチームのオーナーでもあった。
妻のヘレンと知り合ったのは1996年で、バルセロナにてホアキン・コルテスのショーを観劇していた最中のことであったという。[6]
ミラノ・ダービーにてACミランのサポーターに「インテルの全てが嫌いだ。唯一フィーゴの妻を除いて」との横断幕が掲げられたことがある。
サッカー選手引退後は実業家の道へと進みホテル王を目指す夢がある。「俺を高く買ってくれる所なら....」とFCバルサからレアル・マドリードへ移籍したのも金銭に拘るプロ根性と言われる性格の所以。
ふぃーご



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。