スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府熊取町 連鎖自殺? なぜ起きた?7人連続怪死 2016.10.29

【事件概要】

 1992年6月から7月にかけて、大阪府熊取町で17歳から22歳の若者が連続して自殺、変死するということがあった。一週間ごとに、それも決まって水曜日か木曜日に自殺するというミステリーで騒がれた。

熊取町・・・・大阪府南部。泉南郡に属する。人口約43000人。


――――――――


【熊取の少年少女】

 事件自殺した5人については以下の通り。


6月4日(木)  無職・A君(17歳)が自宅そばのタマネギ小屋で首吊り自殺

6月10日(水) 土木作業員・B君(18歳)がかつて住んでいた家の納屋で首吊り自殺。

6月17日(水) 旅館従業員・C君(18歳)が農作業小屋で首吊り自殺。

6月25日(木) 熊取町在住の岸和田市職員D君(22歳)が町内の森で首吊り自殺。

7月2日(木)  熊取町内の女子大に通うE子さん(19歳)が胸を果物ナイフで刺し自殺。

 また5人の自殺の前に2人の17歳が亡くなっていた。


4月29日(木) シンナーによって板金工のX君(17歳)が熊取町内の貯め池に落ちて死亡。

5月29日(金) 無職・Y君(17歳)がシンナー吸引による心不全で死亡。


 シンナーで死んだ2人を合わせると、死体が見つかった場所はすべて半径1.2km以内に集中している。この狭い範囲の中、2ヶ月半で7人の若者が亡くなっていた。

 自殺、不審死の熊取町の若者たちのうち、岸和田市職員のD君と女子大生のE子さん以外の5人はシンナーやバイクをキーワードに接点があった。



Y(17)無職

【3番目の自殺者 6月4日(木)】

6月4日木曜日、タマネギ小屋にて首を吊っているのを発見される。

警察がマークしていた暴走族グループである『風(KAZE)』をKと共に旗揚げする。地元では有名なワル。

翌週に自殺するKとは中学の同級生であり、親友であり、バイク仲間であり、シンナー仲間であった。

中学3年頃からほとんど学校に顔を見せず、仲間とダベったり、パチンコなどに興じていた。
中学卒業後、美容師の専門学校に入学するも、1年も経たずに中退しており事件当時は無職だった。愛車はHONDAのCBX400。父親が某学会員。

4日午前0時ごろ自宅に帰り、同2時ごろ再び外出。その3時間後に遺体で見つかった。

ポケットの中に「借金を返して欲しい」という折り込み広告の片隅に書かれたメモを所持していたが、遺書らしき遺書は発見されていない。自宅の仏壇にはYが金を借りたとみられる友人2人の名前と10数万円と記したメモが残されていた。

生前に『白い車』に追われていた。




K(18)建設作業員

【4番目の自殺者 6月10日(水)】
警察がマークしていたグループ『風(KAZE)』のリーダー。上記の無職Y同様、地元では有名なワルだった。

やはりシンナー常用者で補導歴もあり、シンナーをキメているときに公務執行妨害で逮捕されたこともある。愛車はHONDAのCBR400。
Kが自殺した納屋は事件後すぐに取り壊され、今では空き地になっている。
Kが自殺した納屋は事件後すぐに取り壊され、今では空き地になっている。



駅前にワンルームマンションを借りており、そこが仲間たちのたまり場になっていた。

駅前の住民の証言によれば、バイクや自転車の盗難はおろか、自動販売機や公衆電話を破壊するので迷惑してしていたという。

親友であった無職Yの葬式で、「なんで死んだんや」と泣いて憤り、その時参列した仲間たちに「悩みは相談し合おう。Yのぶんまで俺たちが頑張って生きよう」と訴えかけるなど前向きな姿勢を示していた。

ヤンチャではあったが、人望は厚かったようで、当人が自殺した際、その葬儀には彼を慕っていた後輩や、近隣のグループからも参列者がつめかけ、その数400名にもおよんだほどだった。

中学卒業後、旅館従業員T(翌週に自殺)と共に父親の会社を手伝っていたが、1991年にその会社が倒産した。それと同時に住家を手放すことになったのだが、それをとても悔しがっていたという。
なすすべもなく家を手放した後も、一生懸命働いて家を買い戻そうとしており親孝行でもあったとされる。

自分が会社を再建させ、母親を早く楽にしてやりたいと常日頃から公言しており、本人も自身をして『マザコン・ヤンキー』と評していた。

彼の通っていた中学校の校長は以下のように証言している。

証言1
仲間と一緒に校舎の窓ガラスを49枚も割ったり、卒業式にバイクに乗って現れたりということもあったようですが、卒業してからは、仕事帰りに2回ほど遊びに来てくれて、給食室のドアを修理してくれたり、スズメバチの巣をもってきて理科の先生を喜ばせたこともあります。《中学の校長》


窓ガラス49枚というのは尾崎豊を彷彿とさせるタフな枚数であるが、その一方で優しい人柄を覗かせる部分や、教師に「体に響くから、シンナーはやめろ」と諭され「うん」と頷く素直な部分もあり、これらが人望に繋がっていたと思われる。
尾崎豊同様、繊細な所があったのかも知れない。尾崎豊も変死であるし。

ともかく、近所でもキチンと挨拶をする子という評判で、「ヤンチャはするが、弱い者いじめはしないKのことだから、いずれは人の上に立つひとかどの人間になるだろう」――と教師は見ていた。

当時付き合っていた女性が妊娠していたため、「いよいよ生まれるんや、お祝いくれよ、お祝い」などと笑って話しており、近々結婚する予定で新居も探していた。

だが彼は死んだ。

恵林寺という古寺の、参道脇の納屋で首を吊って。

「自殺する前々日には仕事先に持ってゆく保温式のランチボックスを買っておいてくれるよう頼まれていたんです」と母親は息子の死を信じられないでいた。

現場に駆けつけた母親は、ロープにぶら下がる息子の姿をして、『あり得ない様子だった』と主張している。

肩をいからせて、前のほうを睨むようにして、こぶしをギュッと握りしめとったんですよ。ふつうは体はダラリとなるでしょう。警察の人に私言うたんです。『これでも自殺なんですか』って。『いや最近はこう言うのも多い』とか言われましたけど、首吊った体に最近とか昔とかあるんですかね。
あの夜は(註:息子が亡くなった前日に当たる6月9日)夕方、私と一緒に食事をしたんですよ。友達と何かの約束があって、『あんまり腹一杯やと具合悪い』いうて、御飯も少なめに食べてね。出かけていって、そのまま……普段と全然かわらへんかったし……。


息子は確かに言うてました。カローラやったと思うけど、白い車にいつも付け回されて『俺ヤバイんだよ』とか。息子だけやなくて、友達のY君も集会の時、ふと後ろを見るといつもおるんやって……。運転しとるオッサンの顔がどうとか、息子と話してたこともありますわ。



T(18)旅館従業員


【5番目の死者 6月17日(水)】

高知県出身。元野球少年で、野球で有名な私立高校を中退後、大阪に出てきて事件前年までKの父親が経営していた土建会社で建設作業員Kと一緒に働いていた。
事件当時は三重県鳥羽市の旅館従業員。

無職Y、建設作業員Kのバイク仲間で『風』のメンバーだった。

斜面になった畑の側にあった小屋で手を縛り首吊り自殺を遂げる。

鳥羽市の職場には「友達の葬式に出るので休みが欲しい」と告げ2日間の休暇を取り、建設作業員Kが自殺した2日後の6月12日に熊取へ戻った。だが葬儀には間に合わなかった。

そして帰郷後は友人宅を転々としたのちに自殺。

農作業小屋で首吊り自殺をしたが、両手がビニール紐で後ろ手に縛られていた。


検死官が来て調べたが、現場に争った形跡がなく、自分でも縛れる縛り方であったため、警察は自殺と断定。すぐ近くの民家の人も物音を全く聞いていない。首吊りの紐をほどかないよう、自分で縛ったものとされている。

Tが勤めていた旅館の支配人によれば、Tの評価は悪くない。

勤務態度は真面目で、服装もきちんとしており、ヤンキー風のところは全然見られなかった。
金を貯めて18歳になったら自動車の免許を取るんだと話していたという。

亡くなる5日前にあたる6月13日昼に勤めている旅館に「明日帰ります」と電話をしているが、帰らず、そのまま自殺している。

16日昼。帰郷して半年ぶりに会ったかつての恋人に「近く結婚する」という話を聞かされ、その直後から「ロープはないか」と自殺する素振りを見せていたという話がある。これをして自殺の根拠と考えることも出来るが、これに関して「あくまで冗談ぽく言っていた」という証言もある。

そしてやはり『白い車』を知っていた。

自殺という警察発表に納得できない建設作業員Kの母親が、Tが自殺する2日前にTに電話で問いただしている。

母親が「息子が白い車に追われていたと言っていたが本当なのか?」と問うと、Tは「うん、俺とKは見た」と答えたという。
このことから、Tが三重県へ働きに出る前に『白い車』の話が持ち上がっていたことがわかる。一連の自殺騒動の半年前だ。




F(22)公務員


【6番目の死者 6月25日(木)】

熊取町在住だった岸和田市職員。『風』連中とは交流があった形跡なし。

熊取と隣接する貝塚市との境にある山林で、ピンク色のカッターシャツをロープ状にして首を吊る。

仕事はゴミの回収が主で、Fは粗大ごみの担当だった。無断欠勤もなく真面目な勤務態度、好青年だったと同僚は評する。
マラソンが趣味で市役所の陸上サークルに所属していた。
当日も弁当を持って自宅を出ている。

不可解とされるのがFの死の状況だ。

熊取と貝塚市の境にある山林で発見されたFは、栗の木の幹にシャツを掛けて首を吊っていたのだが、その幹の高さが到底手の届く場所になかった。

結局、警察はFの死を自殺と判断したが、『他殺説』の可能性を捨てきれない地元の者たちはその判断に首を傾げた。




G(19)女子大生

【7番目の死者 7月2日(木)】

鳥取県米子市出身。事件のあった年の4月から町内の大阪体育大学に通い、陸上競技に励んでいた。

『風』連中との接点はなし。前述の公務員Fとも接点はない。無理やりこじつけるなら、2人とも『陸上競技』に励んでいた。
シンナーもなし。

7月2日午後8時40分ごろ、下宿近くの町営グラウンド脇で血まみれで発見される。
発見時、グラウンド横の側溝に倒れ込んでおり、左胸に致命傷、首筋4カ所に切り傷があった。近くに落ちていた果物ナイフが凶器だった。

発見直後は生きており、しきりに「違う、違う」と訴えていた。
病院へ緊急搬送されたが、日付の変わった3日午前2時10分、出血多量で死亡している。

死の2日前に1000メートル走の自己新記録を出して大喜びしていたこと、8月には鳥取に帰省するつもりで、テレビ番組『北の国から』『大相撲ヨーロッパ巡業』の録画を実家の者に自殺の3日前に電話で頼んでいたこと。以上の2点から自殺するほど思い詰めていたとは考えにくい。

異性関係はなく、4月からはじめた寮での新生活でもトラブルはなかった。

発見された当日7月2日の夕方にはスーパーで買い物している姿を友人が目撃している。
目撃した友人曰く、「彼女は普段通りで、何ら変わったところはなかった」そうで、やはり自殺する動機は見あたらない。

左胸の致命傷の他に首筋にためらい傷が残されていたことから自殺と見なされた。

発見された付近は午後8時の時点で人通りもあり、自殺に適した場所とは言い難い。

だが首の切り傷をみとめた警察は、これを『ためらい傷(註:自殺者が自殺を吹っ切れないまま自身に刃物を向けることで生じがちな、致命的ではない傷)』として自殺と断定。

生前、怯えた様子でしきりに「黒い車に追われている」と友人にもらしており、ナイフで胸を刺した日も近くに車が止まっていた。――が、彼女を車が追い回していたという事実は確認できていない。

彼女の父親は、「殺されたんじゃないかと思う」と、はっきりと娘の自殺を否定している。




A(17)板金工

【1人目の死者 4月29日】
紹介する順番が前後するが、Aが最初の死者。『7人』の起点とされる。
当時17歳の板金工。
無職Y、そして作業員Kのバイク仲間だった。そして彼らの中学校の後輩でもある。

仲間とシンナー遊びをした直後、「泳ぐ」と宣言してひとり池に飛び込み、遊泳中に死亡。心不全だった。




B(17)無職

【2人目の死者 5月29日】

無職。自室でシンナーを吸引し、心不全で死亡。
一ヶ月前に死亡した板金工Aと同様、Y、Kのバイク仲間だった。

部屋でうつぶせになって死んでいるところを母親が発見。
母親はBに対し、以前からからシンナーをやめるように言い聞かせていたが無理だった。家庭内不和アリ。
シンナーを乱用していたせいか肝臓が弱く、死亡する時分にはギスギスに痩せていた。
作業員Kはこの後輩たちの葬儀に参列している。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。