スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓ワールドカップで八百長はあったのか?調べてみた。 2011.06.06

日韓ワールドカップ




大会招致の経緯
これまで、FIFAワールドカップは欧州と南北アメリカ間で交互に行われてきたが、1986年に国際サッカー連盟(FIFA)のジョアン・アヴェランジェ会長(当時)が「初のアジア・アフリカ大陸による開催」案を打ち出した。その後、同会長から大会開催の打診を受けた日本サッカー協会が各国に先駆けて招致に名乗りをあげ、当時の低迷する日本国内のサッカー界の活性化も念頭に置いた上で1988年にFIFAワールドカップ日本開催を構想、1989年に各国に先駆け招致準備委員会を組織する。日本はFIFAワールドカップを「より平和の祭典」としてメッセージ性あるイベントにしようと提案し、トヨタカップなどの開催実績と「平和で安全」、「豊かな経済」、「政治的安定」、「自由と民主主義」、「世界の先進国」である点などを示し日本で開催する意義を謳った。また、「バーチャルスタジアム構想」(使用していないスタジアムに巨大なスクリーンを配置し3次元映像を投影。あたかも実際に目の前で選手がプレーしているように観客に観せる日本が誇る最新映像技術を駆使した仮想のスタジアム観戦システム)を提案し、史上最大の計400万人がスタジアムで観戦することが可能な大会にすることを謳った(バーチャルスタジアム構想はその後、メガビジョンという大画面投影技術へ姿を変えた。しかし、放映権の問題があったため、実際にメガビジョンが使われたのは準決勝1試合だけであった)。

その一方で、FIFAが想定するアジア初のワールドカップ開催に日本が立候補すると知った韓国は「アジア初」を賭けて日本に続く形で1993年11月に立候補を表明、1994年に招致委員会を組織した。日本よりも招致活動に出遅れた韓国は、同1994年にFIFA副会長に選出された鄭夢準大韓サッカー協会会長(現代重工業顧問。韓国国会議員)を先頭にして、現代財閥を中心に韓国国内の政財界をあげての招致活動に乗り出し、「南北朝鮮共同開催案」を持ち出すなどして日本の招致活動に激しく対抗した。そして、1995年2月に日本と韓国の両国は正式に立候補を表明し、9月末にFIFAワールドカップ開催提案書を提出する。結局、両国以外の立候補は無かったために日本と韓国のみが正式に立候補した。

開催国決定は当初、1996年6月1日のFIFA臨時理事会で会長、副会長を含む理事21人の投票によって決定される予定だった。しかし、時期を同じくしてFIFA会長選挙を控え、一貫して日本を推していたFIFAのアヴェランジェ会長の会長派と欧州のFIFA理事派の勢力が次期会長職を巡って対立し始める。そして、アヴェランジェ会長の会長続投を阻止しようと反会長派の欧州理事たちは日本と韓国の共同開催(日韓共催)を強く推進したが、南米の会長派はあくまでも日本による単独開催を支持した為にアフリカの理事らの動向が投票を左右することとなった。ただ、こうした状況の中で次第に日韓共催案が現実味を帯び始める事となる。

直前になって欧州理事らが、欧州の各国サッカーリーグに選手を受け入れてもらう立場にあるアフリカ理事の票を押え多数派となった。その為、開催国を決定する投票日前日の定例理事会前に行われたパーティー会場でアフリカ理事らとの歓談から趨勢を悟ったアヴェランジェ会長は定例理事会で日韓両国による共同開催案を自ら提案、満場一致の拍手の賛成決議で定例理事会は幕を閉じた。結局、投票を待たずして1996年5月30日FIFA理事会は「ワールドカップは単独開催」という規則を無視し、FIFA事務局長のジョセフ・ゼップ・ブラッターの名でホテルで投票を待つ日本招致委員会に対し日韓共催を打診する文書を送り、欧州アフリカ理事らの動向を掴めなかった日本は想定外となる共同開催決定に苦渋の決断で受け入れを表明。翌日の5月31日には、FIFAと開催国に決定した日本と韓国による共同開催決定の会見が開かれた。ちなみに、もしも日本が共同開催の受け入れを拒否した場合は「韓国の単独開催」か「開催地決定の延長」、「中国での開催」などといった諸案があった。

結局、決着はアヴェランジェ会長・南米派と反会長・欧州派のFIFA内部の政治的対立の産物でもあったが、アヴェランジェ会長は程なくしてFIFAの会長職から引退する形で退いた。また、当ワールドカップ組織委員会委員長には、FIFA副会長の鄭夢準大韓サッカー協会会長が就任した(この件に関してマーティン・ヘーゲレは「各国の担当者に高価な物を贈ったり、娼婦を抱かせようとした」「ヘーゲレへ圧力をかけるよう鄭本人がフランツ・ベッケンバウアー(現ドイツサッカー連盟副会長)に依頼したものの、一蹴された」と主張している。

大会呼称問題
共催決定後、日本と韓国の両国内では頻繁に大会の呼称についての議論が行われた。

1996年、FIFAから大会の呼称を慣例に従ったアルファベット順で「2002 FIFA World Cup Japan/Korea」とする提案がなされたが、韓国側担当者の強硬な反対があった。FIFA共催検討委員会は、国名表示順を「Korea/Japan」とする一方で決勝戦を日本で行うことで決着とした。

日本語の表記は、当初「2002 FIFAワールドカップ 日本・韓国」と表記していた。しかし2000年4月、FIFAは「2002 FIFAワールドカップ コリア・ジャパン」と表記することを求め、日本はこれを拒否。更に韓国が「「日本・韓国」と表記するのは正式名称(Korea/Japan)と異なっており、開催合意に背く」として抗議した。この抗議はFIFAワールドカップの組織委員会に認められ、「韓国・日本」と表記しなければならなくなったが、国名部分を省略して「2002 FIFAワールドカップ」と表記することも認められたので、これ以降日本国内では国名省略で統一されることになった。

また、これはあくまでも正式名称の問題であるために、日本では多くの場所で「2002 FIFAワールドカップ 日本・韓国」という表記も見ることができた。大会終了後の現在でも日本国内では「日韓ワールドカップ」などと表記することが多い。

誤審問題
本大会では多くの誤審疑惑が存在した。ブラジル対トルコ戦ではPK判定されたファールは誤りであったし、イタリア対クロアチア戦でオフサイド判定されたプレーにも疑問が呈された。ブラジル対ベルギー戦ではゴールが直前のファールにより無効とされた。特に注目を集めた韓国対イタリア戦は、エクアドル人のバイロン・モレノが主審を務めたが、試合開始早々、イタリア選手に韓国選手のユニフォームを引っ張って倒したという理由でイエローカードが出され、さらに韓国にPKが与えられた。延長13分にはトッティが倒れたプレーがシミュレーションと判定され、2枚目のイエローカードを受けて退場となった。延長20分にはイタリアが決めた得点がオフサイドの判定により取り消され、逆に韓国は安貞恒がゴールデンゴールを決めてベスト8に進出した。韓国側有利とも思える判定に対し、トッティは「審判を変えて最初からワールドカップをやり直すべきだ」と不満をあらわにし、事態沈静化を図ったFIFAのブラッター会長が大会中に異例の声明を出すほどであった。FIFAはイタリア戦での誤審を認定して、主審であったモレノの国際審判資格を剥奪した。最終的にはこの誤審は買収などの規約違反によるものではなかったと結論付けて決着とされたが、FIFAと国際審判に対する信頼を著しく低下させた。しかし続く韓国対スペイン戦でも誤審は続いた。この試合はエジプト人のガマル・ガンドゥールが主審を務めたが、48分にスペインの得点がファールの判定により取り消され、結局何のファールがあったのかも明らかにされなかった。延長2分にはその直前のセンタリングがゴールラインを割っていたとの線審の判定でスペインの得点は取り消された。試合はスコアレスのままPK戦となり、韓国が勝利した。このように決勝トーナメントに入ってからは騒動は韓国戦に集中し、韓国代表の相手国はいずれも上位進出候補の強豪国であったことから、「ホスト国の韓国代表チームに対し意図的に有利な判定が行われたのではないか」との疑惑が広まった。スペイン戦の後、FIFAは国際審判への不審の目を重く見て、これまでの『異なる大陸から審判を起用する慣例』を変えて、準決勝以降の試合は全て欧州出身の審判で固めた。この一連の誤審疑惑問題における騒動は、2006年3月24日にFIFAの映像ライセンスを持った会社が創立100周年を記念して発売したDVDビデオ『FIFA FEVER FIFA創立100周年記念DVD』に収録されている「世紀の10大誤審」の6位〜9位(6・7位がイタリア戦、8・9位はスペイン戦)にランクイン(更には同大会におけるブラジル対ベルギー戦が3位)と、半数がこの大会のワールドカップで占められる結果となった。これに関して大韓サッカー協会は猛反発した。大会終了後7年が経過した後も、2000年代のサッカーの出来事を扱ったスポーツイラストレイテッド誌の記事でも韓国代表は「シンデレラ」として扱われたが、イタリア戦・スペイン戦でジャッジに大いなる疑惑があると記された。



日韓ワールドカップ 八百長


スポンサーサイト

コメント

しんでほしい

2012.06.06 | URL | #- [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。