スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸大学 ホームレス襲撃事件の真相 田中啓悟 動画 2009.11.02



神戸大学の男子大学生が路上で睡眠中のホームレスに生卵を投げつけ、そのシーンを動画として撮影し『mixi』のマイページに掲載していた件で新たな進展があった。あくまで男子大学生がコメントした話でしかないが、ホームレス襲撃動画はパフォーマンスとして撮影しただけで、ホームレスも仲間の一人だというのだ。

それが事実かどうかは警察等が動かない限り真相を確かめることは不可能に近い。しかしこの周辺では生卵をホームレスに投げつけるという事件が多発しており、例えパフォーマンスだったとしても不謹慎極まりない行為である。この騒動は10月29日の時点でも収まる事なくインターネット上で多くの人々が議論しており、TBSや読売新聞、京都新聞までもが今回の騒動を報道している。

特に『J-CASTニュース』は男子大学生が内定している大手電気メーカーにまで電話取材をし、事実確認を行うほどの徹底ぶりだ。どのマスコミにも共通していえる事は、「例えパフォーマンスだったとしても不謹慎な行為は許せない」という共通の考えのもと報道しているという事である。各マスコミの情報をまとめ、事件の流れをここに掲載したいと思う。

・事の発端
阪急三宮駅前広場の植え込み付近に仲間たちと集合。疑惑の男子大学生が助走をつけてジャンプし、ホームレスらしき人物に生卵を投げつけるシーンを撮影。その後『mixi』に動画を掲載し、動画の説明文として「助走をつけ力投した生卵が顔面(口)に直撃。口から血が出てました。ちなみにこれでも起きませんでした」と書き込みする。

動画が問題化
あまりにも不謹慎で暴力的な動画に対してインターネットユーザーが憤慨。事件性もあるとしてブログや『2ちゃんねる』等のコミュニケーションサイトで大きな話題になり、男子大学生の『mixi』が炎上。その動画は『YouTube』や『ニコニコ動画』にも転載され、大きな波紋を呼ぶ事になる。また、大手家電メーカーの内定式で裏カジノをやったという書き込みを男子大学生がしており、その件に関しても世間の怒りを買う結果に。

・『mixi』から退会し関係者にも影響
男子大学生の『mixi』が炎上したことに気がついた男子大学生が『mixi』から退会。男子大学生の『mixi』コミュニティも炎上し、さらには男子大学生が勤務していたバイト先の店長ブログも炎上。バイト先の系列店が「無関係です」という記事をブログに掲載するという事態にも発展。しかし時すでに遅し、『mixi』から学校や内定などのあらゆる個人情報が漏れてしまう事態に。

・この件をマスコミが報道
『livedoorニュース』や『探偵ファイル』、『ロケットニュース24』、『J-CASTニュース』などのインターネットニュースサイトだけでなく、TBSや読売新聞、京都新聞までもが男子大学生ホームレス襲撃疑惑に関して報道。特に『J-CASTニュース』は今までどこの媒体も報道していなかった男子大学生の内定先である大手家電メーカーの名前を公表して報道。

・それぞれのコメント
男子大学生は実際にホームレスを襲撃しておらず、パフォーマンスでやっただけと関係者に話したという。読売新聞は「仲間うちだけで見るつもりだった。騒ぎになって申し訳ない」と男子大学生が話していたと伝えている。また、『J-CASTニュース』の報道ではバイト先の店長が「誤解を生むし、社会的に問題があります。うちも迷惑しています」とコメントし、10月29日付けで男子大学生を解雇したと伝えている。また、男子大学生に内定を出していた大手家電メーカーは「確認が取れ次第、適切に対応する」と話しているとのこと。

・現状
正直なところ、「パフォーマンスでやっただけ」と男子大学生が話したところで事態は収まる様子がない。インターネット上には男子大学生のモラルを問うコメントが多数書き込みされている。その内容を要約すると、「自作自演かどうかが問題ではなく、モラルとしてホームレスに生卵をぶつけて楽しむ神経がどうかしてる」ということだ。また、「自作自演だったのかどうかも怪しい」という声も出ており、この事態は収まる気配がない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。