スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森本貴幸 2009.06.23

マンU入りが囁かれてる「和製ロナウド」こと森本貴幸!!
間違いなく南アフリカ大会で日本が奇跡を起こすには彼の力が必要不可欠!!

森本貴幸02

そんな森本貴幸のプロフィール


1988年5月7日(21歳)神奈川県川崎市宮前区出身で、レガ・カルチョ・セリエA・カターニア所属のサッカー選手。ポジションはFW。
川崎市立平中学校、東海大学望星高等学校卒業。

2004年、本籍はヴェルディジュニアユースの所属だったが、オズワルド・アルディレス監督(当時)からの評価も高く東京ヴェルディ1969トップチームへの帯同が許可され、中学校の卒業直前だった3月13日、Jリーグ公式戦のジュビロ磐田戦(アウェイ)に後半6分から出場。Jリーグ史上最年少の15歳10ヶ月6日で公式戦出場を果たし『中学生Jリーガー誕生』との見出しがスポーツ新聞各紙に踊り、一躍知名度が上昇した。 その後、デビューから6試合(いずれも途中出場)は無得点が続いたが、5月5日の対市原戦(味の素スタジアム)にて決勝点となるゴールを決め、15歳11カ月28日というJ1最年少得点のレコードホルダーとなった。シーズン終了までに計4得点を挙げ、同年のJリーグ最優秀新人賞を獲得。これも史上最年少記録(16歳)での受賞となった。

更に2005年3月19日開催、ナビスコカップ予選·川崎戦(味の素)でナビスコカップの史上最年少ゴール(16歳10ヵ月12日)も記録している。この年チームの成績は低迷しJ2降格も経験した。

2006年7月23日、イタリア・セリエAに昇格したカターニアに1年間の期限付き移籍が決定。移籍後は長くプリマヴェーラ(ユース)のリーグ戦に出場していたが、そこでゴールを量産したことが認められ、12月3日のアスコリ戦で初のベンチ入りを果たした。

2007年1月29日(日本時間)には、対アタランタ戦で後半39分から初出場し、後半43分に初ゴールを決めた(出場・ゴールともにセリエA日本人最年少記録)。3月6日の練習中に左膝前十字靭帯を断裂し、残りシーズンを棒に振った。6月17日、代理人のジョヴァンニ・ブランキーニがカターニアへの完全移籍が完了したことを明らかにした。

2007/2008シーズン開幕戦となった2007年8月26日のアウェー、パルマ戦では初スタメンとなり1ゴール、1アシストを記録。森本自身は後半13分に交代となり、2-2で引き分けたものの、その実力の片鱗を見せた。

2008年8月の北京オリンピックサッカー日本代表メンバーに選ばれたが、全くいいところを見せられずに北京を後にした。同年12月、カターニアが森本との契約を2011年6月末まで延長したことを発表。2008年最終戦となる12月24日のホームでのローマ戦では初のドッピエッタ(1試合2得点)を記録。マンオブザマッチに選ばれ、その節のベストイレブンにも選出された。2009年最初の試合となったアウェーでのナポリ戦では、前節での活躍から初めてキャプテンを任されたが、試合には1-0で敗れた。2月8日、ホームでのユヴェントス戦で1得点を挙げた。日本人選手でユベントスからの得点は、元日本代表の中田英寿以来。3月1日、アウェイでのパレルモ戦(シチリアダービー)では前半だけで1ゴール、1アシストと大活躍を見せた。また、前半16分に森本に危険なタックルをしかけたマーク・ブレッシアーノを退場させた。その試合の怪我で数試合欠場したが、復帰してすぐにチームに貢献。ローマ戦で再びゴールを決めるなどチームの中心に一気に成長を遂げた
森本貴幸01


カターニアへの完全移籍が完了した後から通訳を付けておらず、インタビューで簡単な言葉で受け答えできる程度はイタリア語を習得している。
敬虔な創価学会員として知られる。聖教新聞では「イタリアに来て、自分自身がもっと実力をつけなければ、未来は切り開けないと痛感した。そのために、毎日1時間以上の唱題に欠かさず挑戦しています」「激励してくださる池田先生、応援してくれる家族や同志の皆さんのおかげで今の僕がいます。絶対に“世界一”になって恩返ししたい」と発言している。
手本にしている選手は元フランス代表FWのダビド・トレゼゲ。ヴェルディ時代に着用していた背番号17は、トレゼゲがユヴェントスで着用している背番号が元となっていた。
カターニアでの背番号15は、尊敬しているイチローのシアトル・マリナーズでの背番号51を逆さにしたものである。
カターニアでのプレイを重視したいため、当面日本代表への参加は考えていないと発言している(2009年4月)。
ACミランのアレシャンドレ・パトはコッリエレ・デッロ・スポルト紙のインタビューで2008-2009シーズンで最も印象的であった同年代の選手として、森本の名を挙げた


森本セリエAデビュー戦いきなりゴール動画



森本、メクセスに切れる!!




ユーベ戦でゴール









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。