スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い出し屋の被害実態 動画 2009.06.11











家賃の支払いができない!家主さんとっても、入居者の方にとっても、とても重大で、かつ、頻繁におきるトラブルです。家主さんにとって究極の滞納防止策は、家賃を滞納するような人に部屋を貸さないことです。しかし、”派遣切り”などの雇用不安が拡大する現在、この見極めをするのはかなりは難しい、と言わざるを得ません。
 先日、家賃を滞納した借主が、連帯保証人の契約を結んだ家賃保証会社などから退去を迫られるケースを「追い出し屋被害」と表して報道されていました。そして、その家賃保証会社の「督促マニュアル」を朝日新聞が入手したと報じました。
 そのマニュアルは、大阪に本社を置く大手保証会社の内部資料とのことです。


マニュアルの内容は?


 マニュアルの内容を説明した記事によりますと、『督促、回収、退去のノウハウのほか、担当者に

「家賃督促は法の縛りがない」と説明し、心構えとして「借主の弱みをつかみ、優位に交渉する」ことを

求める。督促については、3カ月以上滞納した借主は「悪質滞納者」として原則退去とする。1~ 2 カ

月の滞納は1週間以内の一括払いを要求。借主本人、家族ら、勤務先の順に電話連絡する。

 それでも反応がない場合は午後10時以降の深夜訪問を認め、借主の自宅で直接交渉で回収に乗り出

す。在宅か不在かを確認する手段として、玄関前からの電話、電気・ガス・水道の使用状況、近隣住民へ

の聞き込みを進めている。最後に退去に向け、「追い出し」にかかる。借主が不在の場合は室内で事故

がないか確かめたうえで、玄関ドアをロックする。撤去した家財は倉庫に運び6カ月間保管。回収できな

かった場合は処分し、電化製品などはリサイクル店に売却する。』以上のような内容です。

滞納はケースバイケースで対応を。


 賃貸住宅の退去は、明け渡し訴訟を経て強制執行する法的手続きを踏むのが原則です。ドアロック

なども行きすぎた手段で、やってはならないことです。しかし、それ以外の記述は、家賃督促する側にし

てみれば当然の内容のように読めます。家賃を3か月滞納されれば出て行って欲しいと思うことはある程度仕方がないのでは、と思へます。

 通常、お金があっても支払わない人は、単にだらしなく、世の中や、家賃が遅れても強く催促しない家主さんを甘く見ている場合が多く、こちらが論理的に強くはっきりとした行動をとれば驚いて支払いに応じます。

しかし、家賃を払いたくても払えない人の場合は、たくさんの理由や状況が複雑に絡み合っている場合もあり、そう簡単にはいきません。

 「リストラによる支払い不能」「体調を崩して働けない」「生活が苦しいのでもっと家賃が安い家に引

っ越したいが、引越し費用がない」「子どもの学校の問題があり、他の場所へ引越しできない」「保証人を引き受けてくれる人がいないので部屋を借りられない」・・・。

人(感情)と問題(利害)を切り離す!


あなたが悪い!あなたが嫌い!ではトラブルは解決しません。ここはじっと我慢が必要です!

交渉事での第一障害は自分自身にある場合が多いのです。

家賃を滞納者している人に対して、家賃を支払わないあなたが悪い!(そんなことは相手も分かっています)と一方的に言っても先に進みません。

あなたの問題でもあるが、わたしの問題でもあると伝えることが必要です。「あなたや私」を

「私たち」に置き換え、問題を解決して行こう、共通の問題として取り組もうという姿勢が必要で

す。主語を置き換えるだけで、結構、話はスムーズに進みます。

キーポイントは「自分の立場にこだわらず、お互いの利益の問題に焦点を絞ることです。」人は感情に

支配されている動物です。話が思い通りに進まず、相手に拒絶や、やり込められると、どうしてもやり返

したくなります。そうすると、後は不毛な議論ばかりが続き、大変なエネルギーを浪費することになってしまいます。

相手の本音を引き出すためには、まず、自分自身の肩の力を抜き、自分の弱さも相手に見せ、あなたとわたしは同じ立場であることを伝えることが大切です。

 そして、相手を追い詰めすぎず、必ず逃げ道を作ってあげる事も大変重要になります。過去、わ

たしは債権の回収交渉などで、相手に何度か包丁などの凶器を突きつけられた事があります。振り返ってみると、その場合は、わたしが身構えすぎたために、相手の方を追い詰めすぎ、逃げ道をふさいでしまったケースです。

これらの反省から、わたしは、難しい交渉事では、まず自分自身の肩の力を抜くことを、一番心がけて
います。
交渉事のキーポイントは、人(感情)と問題(利害)を切り放し、『イメージとしては,テラスに立って遠くから全てを見渡すぐらいの心のゆとりを持つ事です!』


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。