スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州チャンピオンリーグ 2012-2013 日程 2013.02.08


ベスト16 第1戦

2/12 20:45 Celtic - Juventus
2/12 20:45 Valencia - Paris Saint-Germain
2/13 20:45 Shakhtar Donetsk - Borussia Dortmund
2/13 20:45 Real Madrid - Manchester United

2/19 20:45 FC Porto - Malaga
2/19 20:45 Arsenal - Bayern Munchen
2/20 20:45 Galatasaray - Schalke 04
2/20 20:45 AC Milan - Barcelona

第2戦
3/05 20:45 Manchester United - Real Madrid
3/05 20:45 Borussia Dortmund - Shakhtar Donetsk
3/06 20:45 Paris Saint-Germain - Valencia
3/06 20:45 Juventus - Celtic

3/12 20:45 Schalke 04 - Galatasaray
3/12 20:45 Barcelona - AC Milan
3/13 20:45 Malaga - FC Porto
3/13 20:45 Bayern Munchen - Arsenal

試合開始時間は欧州標準時です。

準々決勝第1戦 2013年4月2日、3日
準々決勝第2戦 2013年4月9日、10日
準決勝第1戦  2013年4月23日、24日
準決勝第2戦  2013年4月30日、5月1日

決勝(ウェンブリー、ロンドン)
2013年5月25日






スポンサーサイト

UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11Barcelona vs Manchester United 3-1 動画 2011.05.29

UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 (UEFA Champions League 2010-11)は、56回目のヨーロッパクラブ王者を決める大会である。UEFAチャンピオンズリーグとしては19回目であり、新しい大会方式では第2回目。決勝戦はイングランド・ロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された。優勝クラブはUEFAスーパーカップ、及びFIFAクラブワールドカップ2011の出場権を獲得する。

決勝は2011年5月28日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われる。

2011年5月28日
20:45 CEST


バルセロナ 3 – 1 マンチェスターU. ウェンブリー・スタジアム
主審: カッサイ・ヴィクトル(ハンガリー)
ペドロ・ロドリゲス 27分
メッシ 54分
ビジャ 69分 レポート ルーニー 34分

バルセロナ
GK 1 ビクトール・バルデス 85分
DF 2 ダニエウ・アウヴェス 60分 88分
DF 3 ジェラール・ピケ
DF 14 ハビエル・マスチェラーノ
DF 22 エリック・アビダル
MF 6 シャビ
MF 8 アンドレス・イニエスタ
MF 16 セルジ・ブスケ
FW 7 ダビド・ビジャ 86分
FW 10 リオネル・メッシ
FW 17 ペドロ・ロドリゲス 90+2分
控え:
GK 38 オイエル・オラサバル
DF 5 カルレス・プジョル 88分
DF 21 アドリアーノ・コレイア
MF 15 セイドゥ・ケイタ 86分
MF 20 イブラヒム・アフェライ 90+2分
MF 30 ティアゴ・アルカンタラ
FW 9 ボージャン・クルキッチ

監督
ジョゼップ・グアルディオラ
マンチェスターユナイテッド
GK 1 エドウィン・ファン・デル・サール
DF 21 ラファエウ 69分
DF 5 リオ・ファーディナンド
DF 15 ネマニャ・ヴィディッチ
DF 3 パトリス・エヴラ
MF 16 マイケル・キャリック 61分 77分
MF 11 ライアン・ギグス
MF 13 パク・チソン
MF 25 アントニオ・バレンシア 79分
FW 10 ウェイン・ルーニー
FW 14 ハビエル・エルナンデス
控え:
GK 29 トマシュ・クシュチャク
DF 12 クリス・スモーリング
MF 8 アンデルソン
MF 17 ナニ 69分
MF 18 ポール・スコールズ 77分
MF 24 ダレン・フレッチャー
FW 7 マイケル・オーウェン

監督
アレックス・ファーガソン





CL 2002 2003 ファイナル ミラン対ユベントス ハイライト 動画 2011.05.29

UEFAチャンピオンズリーグ2002-03(UEFA Champions League 2002-03)は、1955年に第1回大会が行われてから48回目のUEFAチャンピオンズリーグである。アゼルバイジャン、リヒテンシュタイン、アンドラ、そしてサンマリノを除く48の国と地域から74クラブが参加。2002年7月17日に予選が開幕し、翌2003年5月28日にイングランド・マンチェスターのオールド・トラッフォードで決勝戦が行われた。

決勝戦は、2003年5月28日にイングランド・マンチェスターのオールド・トラフォードで実施。

2003年5月28日


ユヴェントス 0 - 0
PK戦 2 - 3 ACミラン オールド・トラッフォード、マンチェスター
入場者数: 63,215人
主審: マルクス・メルク
PK戦
トレゼゲ 失敗
ビリンデッリ 成功
サラジェタ 失敗
モンテーロ 失敗
デル・ピエロ 成功 PK戦
成功 セルジーニョ
失敗 セードルフ
失敗 カラーゼ
成功 ネスタ
成功 シェフチェンコ

ユヴェントス
GK 01 ジャンルイジ・ブッフォン
DF 21 リリアン・テュラム
DF 02 チロ・フェッラーラ
DF 05 イゴール・トゥドール 42分
DF 04 パオロ・モンテーロ
MF 16 マウロ・カモラネージ 46分
MF 03 アレッシオ・タッキナルディ 69分
MF 26 エドガー・ダービッツ 65分
MF 19 ジャンルカ・ザンブロッタ
FW 17 ダビド・トレゼゲ
FW 10 アレッサンドロ・デル・ピエロ(キャプテン) 111分
サブメンバー:
GK 12 アントニオ・キメンティ
DF 07 ジャンルカ・ペッソット
DF 13 マルク・ユリアーノ
MF 08 アントニオ・コンテ 46分
MF 15 アレッサンドロ・ビリンデッリ 42分
FW 24 マルコ・ディ・ヴァイオ
FW 25 マルセロ・サラジェタ 65分

監督
マルチェロ・リッピ
ACミラン
GK 12 ジーダ
DF 19 アレッサンドロ・コスタクルタ 18分 66分
DF 13 アレッサンドロ・ネスタ
DF 03 パオロ・マルディーニ(キャプテン)
DF 04 カハ・カラーゼ
MF 08 ジェンナロ・ガットゥーゾ
MF 21 アンドレア・ピルロ 71分
MF 20 クラレンス・セードルフ
MF 10 ルイ・コスタ 87分
FW 07 アンドリー・シェフチェンコ
FW 09 フィリッポ・インザーギ
サブメンバー:
GK 18 クリスティアン・アッビアーティ
DF 24 マルティン・ラウルセン
DF 25 ロッキ・ジュニオール 66分
MF 17 クリスティアン・ブロッキ
MF 23 マッシモ・アンブロジーニ 87分
MF 27 セルジーニョ 71分
FW 11 リヴァウド
監督
カルロ・アンチェロッティ


アサモア・ギャン 2009.09.14


アサモア・ギャン(Asamoah GYAN)

フルネーム  アサモア・ギャン

国籍      ガーナ

生年月日   1985年11月22日

出身地     アクラ

ポジション   FW(CF)

身長/体重  186cm/77kg

個人タイトル  なし

チームタイトル なし

所属クラブ   2003~04 リバティ・プロフェッショナルズ
          2003~04 ウディネーゼ(イタリア)
          2004~   モデナ(イタリア)

空中戦に強くスピードもあり、フィジカルにも長け、さらに決定力もあります。また、プレッシャーにも強い強靭な精神力を備えています。中盤のタレントに目が行きがちなガーナ代表の中にあって、エースストライカーとして成長することが期待されています。同国代表FWバフォー・ギャンは実兄です。

2003年にセリエAのウディネーゼと契約することに成功しますが、わずか1試合の出場にとどまります。世界最高峰レベルのセリエAで常に上位クラブとしのぎを削っているウディネーゼでは、脂の乗った選手が多く在籍しており、その選手間で競争が激しく、また自身も若すぎたため出番は皆無でした。
04/05シーズンに2部のモデナへ経験を積むためにレンタルに出されます。ここでシーズン7ゴールを挙げて自信を得ると、翌シーズンは持ち前の決定力に磨きがかかり、前年を上回るペースでゴールを記録していきます。06/07シーズンにウディネーゼに復帰予定。イタリア代表ヤクインタや同胞のムンタリらと攻撃を担当することになります。

2004年アテネ五輪に出場。グループステージ3試合にスタメン出場しましたが、同じ組にイタリア、パラグアイ、日本と強豪がそろっていたので、決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、大舞台を経験できました。
フル代表デビューは2003年11月16日、アウェーのソマリア戦に途中出場でしたが、いきなりゴールを挙げる鮮烈なものでした。
その後定着すると、2006年W杯最終予選のアウェーのウガンダ戦、同じくアウェーのDRコンゴ戦で貴重なゴールを挙げるなど、勝負強さを発揮します。最終的にアッピアーと並んで予選ではチーム最多の4ゴールをマークし、母国を初のW杯出場へ導きます。残念ながら、活躍が期待されたアフリカネーションズカップは、ケガの影響で出場を見送ってしまいますが、2006年W杯には出場を果たしました。
2戦目、FIFAランク2位(2006年6月現在)のチェコに対して前半2分に自身、そして母国初のW杯ゴールを挙げると、その後ムンタリのゴールもアシストし、見事母国をW杯初勝利へと導く大活躍を見せたのです。

アフリカナンバーワンとの呼び声も高いガーナ代表ストライカー。スピード、テクニック、競り合いとどの点に置いてもサミュエル・エトーやディディエ・ドログバ、オバフェミ・マルティンス、アンリ・カマラといったアフリカでもすでに名の知れたストライカーに見劣りしない

gyan.jpg

ジュゼッペ・ロッシ 2009.06.24

アフリカ大会でのブレイク必死の「イタリアの超新星」ジュゼッペ・ロッシ
ジュゼッペ・ロッシ02


ジュゼッペ・ロッシ(Giuseppe ROSSI, 1987年2月1日 - )はアメリカ合衆国・ニュージャージー州出身のプロサッカー選手。イタリア代表である。ビジャレアルCF所属。ポジションはFW。

攻撃の最前線ではなく一歩引いた位置で攻撃に参加するシャドーストライカータイプの選手である。また、クロスが上がるときやセットプレー時のポジション取りが素晴らしく、身長は低いながらもハイボールを得点に結びつけることも多い。フィジカルが強く、相手ディフェンダーと競り合ってもボールをキープすることに長けている。足元の技術にも定評があり、スピードとテクニックを兼ね備えたドリブルをたびたび見せている。

パルマの下部組織出身。2004年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。2006-2007シーズンはニューカッスル・ユナイテッドFCへレンタルされた。その後1月に古巣のパルマFCにレンタル移籍し、9得点を挙げ、パルマの降格圏脱出の立役者となる活躍を見せた。2007-2008シーズンからは移籍金670万ポンド(約17億円)でリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFへ完全移籍。開幕直後からゴールを量産していたが、11月に右ひざ半月板を負傷した。復帰してからはニハト・カフヴェチとコンビを組み、前線でのチャンスメークに非凡な才能を見せた。最終的にはリーグ戦27試合出場11ゴールをマークし、リーグ2位と2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権の獲得に貢献した。2008-09シーズンは怪我で出遅れたものの、復帰後は得点を積み重ね、2月終了時点で早くも2007-08シーズンの得点数を抜いた。ところが3月にはいってからは得点がぴたりと途絶え、結局12点でシーズンを終えた。UEFAチャンピオンズリーグではオールボーBK戦やパナシナイコス戦などで計3得点した。
ロッシ


U-17イタリア代表やU-19イタリア代表を経て、U-23イタリア代表でも主力として活躍し、2008年の北京五輪にも出場。チームは準々決勝で敗退し、メダル獲得はならなかったが、自身は4得点を挙げ得点王となった。

2008年10月11日のブルガリア戦でフル代表デビュー。2009年6月6日の北アイルランドとの親善試合で代表初ゴールを記録。同年のコンフェデレーションズカップのメンバーに選出され、アメリカ戦で2得点した。

将来的にはイタリア代表のフォワードをアルトゥーロ・ルポリと共に担う存在といわれている。

2003-2004 パルマFC 0試合
2004-2006 マンチェスター・ユナイテッド 5試合1得点
2006-2007 → ニューカッスル 11試合0得点 (loan)
2007 → パルマFC 19試合9得点 (loan)
2007- ビジャレアル 57試合23得点
ジュゼッペ・ロッシ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。